記事の詳細

広いリビングの物件を探す人が多いので、同じ広さなら2DKより1LDKのほうが入居者募集で有利です。
このたび、間取り変更を伴う大幅リフォームを工事を行いましたので、ぜひご覧ください。

 

玄関リフォーム

玄関扉を開けるとキッチンが丸見えのお部屋でした。お部屋を訪れたお客様も目のやり場に困ってしまいます。

壁を造作し、扉を設置。はがれかけていたシート張りのタタキもイメージを一新しました。
黒板を設置したことで個性的な玄関口に!内見したお客様の印象にも残りそうです。

 

間取り変更

もともとはダイニングと洋室にわかれている間取りでした。

間取りを変更し、ひとつのリビングになりました。スポットライトで天井も明るく、広さを実感できます。
無垢調のフローリングが壁に設けた埋め込み棚の「和」のテイストとマッチして強烈な個性を生み出しています。

 

キッチンリフォーム

白タイルでキッチンまわりや混合水栓の蛇口などに「古さ」が現れています。

白タイルを光沢のあるキッチンパネルに変更。さらにシングルレバーの浄水機能付き水栓にグレードアップ。
メタリックのタオルかけなど、細部へのこだわりも大切です。
造作した壁の一部にステンドグラスでアクセントになっています。

 

和室から洋室へのリフォーム

畳のお部屋は日焼けや擦り傷などが目立つので、退去後に意外とお金がかかります。
そこで、和室をフローリングのお部屋にリフォーム!

押入れも建具を交換したことで、フローリングとあわせても全く違和感がありません。

 

洗面所リフォーム

リフォーム前は、電球色の照明や床の色など、どこか古めかしい印象がありました。

独立洗面台を交換し、床の色も変更。狭い空間だからこそ、変化が大きく感じられます。

 

ユニットバス交換

ユニットタイプのバスルーム。寿命は15年~20年前後と 言われています。

ユニットごと交換しました。アクセントパネルやワイドミラー、サーモスタッド水栓などの最新設備が取り入れられ、グレードが格段に上がりました。

 

トイレのリフォーム

退去直後で汚れていることを差し引いても、やはり時代を感じさせます。

便座部分を交換し、温水洗浄便座に!トイレットロールやタオルかけ、床材などにもこだわり、今風に変身。

 

築20年以上のお部屋でしたが、新築物件にも負けない競争力を持つことができました。
どんなリフォームが効果的かは物件やターゲット層により異なりますが、建物管理課でご提案も行います。
課員は、日々お客様の声を聞き、勉強会などにも積極的に参加しておりますので、安心してお任せください。

関連記事

メニュー・事例のご案内

ページ上部へ戻る