記事の詳細

ご夫婦にお子様1人というご家庭が増えたことや、広いリビングが人気となっていることから、3LDKの間取りを2LDKに変更するというリフォームが増えております。
今回、そのような間取り変更リフォームの好事例がありましたので、ご紹介させていただきます。

 

リビングのリフォーム ビフォー・アフター

リフォーム前

リフォーム前は、6帖の和室とリビングに区切られていた物件です。
何の問題もありませんが、よくある間取りであるがゆえに、「ここに住みたい!」と決断させるだけのパンチ力が足りないように思われます。
リフォーム前リビング|シャンボール

 

リフォーム後

壁が取り払われたことで2つに分かれていた窓が一体化し、お部屋全体の明るさが増しました。
フローリングの色合いをホワイト系にしたことで、広くなったお部屋がさらに広く見えます。
柱や梁部分のクロスをデザインクロスで仕上げたことで、引き締まった印象もあります。
リビング|シャンボール
押入れだった場所には、クローゼットとガラス棚を造作しました。
とても印象に残るお部屋に仕上がったと思います。
収納|シャンボール
仕切りや段差がなくなったことで、家具や家電のレイアウトが自由自在になりました。
「あそこにテレビを置いて、ここにはソファーを置いて・・・」と
イメージを巡らせることで、「ここに住みたい!」という気持ちは高まります。
リビング|シャンボール

 

間取り変更交換のポイント

2つのお部屋を1つにする間取り変更は、今回のように各部屋それぞれに窓があると効果的。
光が室内に広がりやすく、窓も大きくなったように見えるため、よりイメージが変わります。
また、リフォーム時に怖いのは、万人に好まれるよう無難なチョイスをした結果、印象に残らないお部屋になってしまうこと。
あまりにも奇抜なものは敬遠されますが、多少のアクセントは個性として受け止められるので必要です。
今回だと、梁や柱にあしらったデザインクロスやガラス棚がそれ!
どちらもお部屋全体のイメージアップにつながっていると思います。

 

キッチンのリフォーム ビフォー・アフター

リフォーム前

人気の対面式キッチンでしたが、少し古さを感じます。
その理由は、システムキッチンでないことや、天板の仕上げや取っ手のデザインが今風でないこと、キッチン周辺をタイルで囲っていることなど色々あります。
リフォーム前キッチン|シャンボール

 

リフォーム後

3口ガスコンロのシステムキッチンに交換しました。天板は傷が目立ちにくいエンボス加工、蛇口は見た目がスマートで操作性も良いシングルレバー水栓です。取っ手や戸板のカラーも今風でカッコいいですね♪
キッチン|シャンボール
キッチン周辺はタイルを剥がし、光沢のよいキッチンパネルを全面施工。
タイル張りのように目地がないため、汚れがたまりにくく、見た目も美しいです。

 

キッチン交換のポイント

機能面で考えるなら、シングルレバータイプでハンドシャワーが使えるタイプがおすすめです。
見た目にもスマートですし、最近はやりの大型シンクは、固定蛇口だと十分に活かせません。
また、もしも周辺がタイル張りなら、キッチンパネルへ張り替えもセットで行っていただくと効果的。
せっかくキッチンが新しくなっても、周囲がタイル張りだと古臭さが際立ってしまい、良い評価につながらないことがあるからです。

 

こちらの物件では、洗面所やベッドルームなど、リビング以外でも大胆なリフォームを行っております。
別ページでご紹介しておりますので是非、ご覧下さい。

洗面所やベッドルームのリフォームポイント

関連記事

メニュー・事例のご案内

ページ上部へ戻る